脂肪を燃焼して健康に

脂肪を燃焼して健康になろう

体を動かして健康を作りましょう

健康的に暮らしていくためには、必要以上の脂肪を体につけないようにする必要があります。太りすぎは糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病と密接な関係があります。ついてしまったものを減らすにはジョギングやウォーキングといった有酸素運動が最も効果的です。息が切れない程度の強さで20分以上行うと脂肪が減り始めると言われています。ただこれは続けて20分以上でなくとも、10分間程度に細切れにしたものを複数回行っても同じ効果が期待できます。運動の習慣のない人やまとまった時間がとれない人には、エレベーターやエスカレーターを使わず階段を上る、また通勤で一駅分歩くといった方法がお勧めです。大切なことは毎日の生活の中で体を動かす機会を作ることで、それが健康に結びついていくのです。

運動を行うことで脂肪を燃やす

安全に楽しく行いながら、しかも身体を健康に保つためも効果的に行うことで脂肪を燃やすことが必要です。そのためには運動の種目、強さ、運動量、頻度などが適切でなければ、健康状態や体力に見合ったプログラムが必要となります。重要なことは、プログラムの強さの設定で、脈拍数でプログラムの適性を判断することが一般的に用いられています。この場合には、その人の最大脈拍数を決め、220からその人の年齢を差し引いたもので代用できます。トレーニング脈拍数が低い場合には、トレーニングの効果が上がらず、逆に高すぎる場合には危険度が高まります。種類として、体力づくりを目指すならば歩行、走行、自転車走行など、速度や回転数によって動きの強弱を調節が容易にできる種目がよいのです。

↑PAGE TOP